昭和33年創業からの菓子瓶

posted in: ショップニュース | 0

当店は、父が昭和33年に吉川町に草加せんべい製造販売「松澤米菓」を創業。その数年後に「(有)二合半堂まつざわ煎餅」と店名を変更し今があります。

今は父から家業を継ぎ、店主と二人で営んでます。

この菓子瓶は、創業当時の頃から使用しているガラス瓶です。ビンはガラスなのでキレイに磨きながら使用しているのですが蓋がボコボコ(これがまた、ビンテージ感があって素敵)

人も物も長く付き合う程、愛着が湧くものですわ。